日本企業の駐在員ケア

日本企業の赴任者に対する保険

日本企業が海外駐在員に対してフォローすべき内容は多数あります。
語学に対する本人の家族に対するフォロー、地域のセキュリティー情報提供、場所によってテロなどの緊急時の対応、そして医療に関しては病気になった時の補償や、日本医師のセカンドオピニオンの必要性などもあります。
心身とも頑強に見える人でも慣れない生活で大変なストレスを抱えることもあり、精神的ケアーも重要とされます。
赴任中の身体に関するトラブルの一番は疾病で全体の70%を超えます。
風邪やちょっとした不良なら薬で治ることもありますが歯に関することは自分で何とか出来るというものではありませんから特に不安でしょう。
自分の会社がどんな駐在員保険に入っていてどこまでケアーしてもらえるかを海外に行く前に、よく理解しておくことが大切です。

プランを確認しよう

実際自社の保険を他の駐在員と比較したら歯科は含まれてなかった、不妊治療も含まれてなかったという事に気が付いた人も居るようです。
会社が選ぶ保険はオプションになっています。
ですから企業によっては歯科治療も含み、更に年齢的な事情から不妊治療を受ける人もあり、その保険も使えるようにしている会社もあるからですね。
ですがこういった事例はまだ少なく、海外歯科治療が日本に比べて高額なのは間違いないようです。
会社に要請することもあまり現実的ではありませんから一番自分に出来ることとして、できるだけ日本で治療して、次回は一時帰国の時に常に検査や対処をしてもらう事でしょう。
保険でお金の心配がない場合でも、かかりつけの歯医者さんは本人の詳細情報を正しく把握してくれているので精神的安心感は比較になりません。


B!