国による医療の違いを知ろう

州によって異なるアメリカの公的保険

アメリカの公的保険は対象者が65歳以上か障害者、低所得者のみです。
日本では政治家、総理大臣によって抜本的大きな違いは基本的にはありませんが、アメリカは大統領によって大きく変更したりしますから安定している保険ではないと考えられます。
6人に一人の無保険者がいると言われる対策として、アメリカの保険制度は義務化されました。
ですが義務として加入する制度は導入している州とそうでない州があります。
またプランは自分で選択できますが、年齢や収入掛け金で補償内容も違いがあります。
歯科に関しては無審査で加入できますが、大変個人負担が大きいと言われているので、歯科治療もという事ではかなりの保険料がかかると思われます。
初診料とレントゲンのみで2万円以上かかりその後の治療で10万円を超えたという話はよく聞きます。

中国の歯科事情

中国での歯科治療費用は簡単な治療であれば2000円から3000円程で治療できるようですがかなり古い治療で不安が残るという話を聞きます。
しかし一方で、大変ハイレベルな歯医者も都会ではなく田舎にもいるという事実もあります。
医療技術も最先端と言っても良いほどの歯医者も確かに存在するでしょう。
しかし、そういう歯医者さんが紹介もなく受け付けてくれるか、自分の赴任先の近くなのかもわかりませんね。
中国では保険がないので現地の人も日本人も実費です。
根幹治療などでは3万円以上もかかる場合もあります。
ごく一般的にあちこち存在している歯医者さんは結構レベルも上がっている様な話も聞きますが日本語も英語も対応できず中国語のみという事もあるようで、コミュニケーションでは苦労したという話が多いですね。
とにかく治療費なども地域やたまたま行った歯医者さんで随分違いがあるようで、英語も中国語も苦手という人は大変ですね。


B!